合同会社とは

日本にはもともと「有限会社」という会社形態がありましたが、2006年の会社法施行により有限会社法が廃止され、有限会社を作ることはできなくなりました。

その代わりに登場したのが合同会社です。

簡単に言ってしまえば、合同会社はかつての有限会社と同様の位置づけにある会社形態で、株式会社よりも簡便な会社ということができます。

 

合同会社の長所と短所

合同会社の第1の長所は、株式会社に比べて簡単に設立できることです。

定款の認証が不要なため、設立の際の手間も費用も少なくて済みます。

 

第2の長所は、株式会社に比べて会社維持の手間と費用がかからないことです。

株式会社の場合は、取締役の任期や決算公告の義務があるため、取締役の改選の際には登記費用がかかり、毎年の決算公告にも費用がかかります。

合同会社の場合は、役員の任期を定めなくてもよく、決算公告の義務もないので、株式会社に比べると会社を維持するための事務処理の手間や費用がかかりません。

 

第3の長所は、組織の自由度が高いことです。

内部機関、出資と業務執行、利益配分などの面で株式会社よりも自由度が高く、社員1人だけの個人会社から従業員が何百人もいる大規模な会社まで、対応することができます。

 

合同会社の短所は、知名度が低いことです。

株式会社に比べてその歴史が短いため、一般の方にはまだあまり知られていないことは否めません。

また、社長の肩書も正確には「代表社員社長」と言う名称になるため、社長と言えば「代表取締役社長」と言う世間のイメージとは異なったものになります(その場合は、単に「社長」あるいは「代表」と名乗ると良いでしょう)。

 

もし、当初から短期間での上場を目指しているような場合には、最初から株式会社を設立して事業をスタートした方が良いかも知れません。

ベンチャーキャピタルや大企業など多方面からの出資を募る際には、株式会社という会社形態が適しています。

株式会社は所有と経営が分離しており、株式の売買も自由にできますから、複数の投資家に出資してもらったり、ある投資家の株式を他の投資家に買い取ってもらったり、と言ったことがやりやすくなります。

 

株式会社と合同会社の比較

株式会社 合同会社
出資者の最低人数 1人以上 1人以上
出資者の名称 株主(発起人) 社員
出資者の責任 有限責任 有限責任
意思決定 株主総会 社員
業務の執行 取締役 社員
知名度 高い 低い
設立費用 高い(20~40万円程度) 安い(10~20万円程度)
定款の認証 必要 不要
取締役の任期 通常2年 自由
決算公告の義務 有り 無し
会社機関の設計 一定の制約あり 自由
利益分配の比率 出資割合 自由

 

電話でのお問い合わせはこちら095-807-2217受付時間 9:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください

行政書士 中村法務経営事務所

行政書士 中村秀樹
日本行政書士会 登録番号:第13421587号
届出済申請取次行政書士:(福)行16第51号

〒852-8156
長崎県長崎市赤迫(アカサコ)3丁目6番34号
TEL:095-807-2217
FAX:050-5865-3896
E-mail:info@gyosei-nakamura.com
営業時間:9:00~18:00(日・祝日除く)